Archive for the ·

KCTRL

· Category...

KCTRL V0.27 for Windows CE Download

コメントは受け付けていません。

古いものですが、先日問い合わせがありましたので公開します。

対応するものがある場合、できるだけKCTRL V0.28をお使いください。

[ARM]
KC027AP.ZIP

[MIPS]
KC027MP.ZIP
KC027M.ZIP
KC027M20.ZIP
KC027MEN.ZIP
KC027MJP.ZIP

[SH3]
KC027S.ZIP
KC027S20.ZIP
KC027S3P.ZIP
KC027SEN.ZIP
KC027SJP.ZIP

[SH4]
KC027S4P.ZIP

[インポートライブラリ]
KC027L.ZIP
KC027LP.ZIP

[ソース一式]
KC027D.ZIP

コメントは受け付けていません。

KCTRL V0.27

コメントは受け付けていません。

KCTRL V0.27 — Kanji-Controls for WindowsCE

Copyright (C) Eiichiroh Itoh. 1997-1999. All rights reserved.

Introduction

 これは, KCTRL(JP版)です.

このパッケージには,

  • 通信ソフト: ぺりかん(Brahmaさん作)
  • メールリーダ: MyMail(MAENO Yasushiさん作)
  • 日本語ビューア: KVIEW(伊藤 栄一郎作)
  • 日本語エディタ: KPAD(伊藤 栄一郎作)
  • 路線探索ソフト: TRAIN(伊藤 栄一郎作)
  • コンソール: Console(伊藤 栄一郎作)

などで漢字を表示させる為の関数やフォントが入ったDLL(ダイナミックリンクライブラリ)が含まれています. このDLLを利用することでKCTRL対応アプリケーションを実行させることができます.

* 英語版 WindowsCE(V1.0) で利用する場合は, KCTRL(US V1.0版)をご利用ください. このKCTRL(JP版)では動作しません.
* 英語版 WindowsCE(V2.0) で利用する場合は, KCTRL(US V2.0版)をご利用ください. このKCTRL(JP版)では動作しません.

なお, DLLをインストールしただけでは, H/PC上で漢字表示することはできません. このDLLを利用したアプリケーションと同時にご利用ください.

 最新版は以下の場所で入手できます.

http://oohito.com/

Description of package

KCTRL.DLL 漢字表示を実現するDLL
KCTRL.TXT ドキュメント(このファイル)

Installation

【インストールの手順】

I.1. パッケージの解凍

まず, このパッケージから KCTRL.DLL を取り出し, デスクトップPC上の適当なディレクトリに格納します.

I.2. DLLをHPCに転送する

KCTRL.DLL を, HPCの Windows フォルダに転送 します. Windowsフォルダ以外では Storage Cardフォルダ, ルート()フォルダに格納することができます. それ以外の場所では動作しないので注意して下さい.

以上でインストールは終わりです. KCTRLに対応したアプリケーションを導入し実行すれば日本語が表示されるはずです.

Options

 レジストリ設定を行うことで, 表示に利用するフォントやフォントのサイズを変更することができます.

\HKEY_CURRENT_USERSoftware\Gawaro\KctrlTTFont0
標準フォントのフォント名を指定します. デフォルトは「MS ゴシック」です.

\HKEY_CURRENT_USERSoftware\Gawaro\KctrlTTFontWidth0
標準フォントの半角フォント幅を指定します. デフォルトは7ドットです.

\HKEY_CURRENT_USERSoftware\Gawaro\KctrlTTFontHeight0
標準フォントのフォント高さを指定します. デフォルトは14ドットです.

\HKEY_CURRENT_USERSoftware\Gawaro\KctrlTTFont1
エキストラフォントのフォント名を指定します. デフォルトは「MSゴシック」です.

\HKEY_CURRENT_USERSoftware\Gawaro\KctrlTTFontWidth1
エキストラフォントの半角フォント幅を指定します. デフォルトは6ドットです.

\HKEY_CURRENT_USERSoftware\Gawaro\KctrlTTFontHeight1
エキストラフォントのフォント高さを指定します. デフォルトは12ドットです.

標準フォントは編集画面などで使われるフォントです. またエキストラフォントは一覧画面などで使われるフォントです. アプリケーションのルックアンドフィールを統一するために, エキストラフォントは標準フォントよりもフォントサイズの小さいものを指定するようにしてください.

なお, フォント情報を変更するにはレジストリを編集する必要があります. レジストリの編集方法やそれに伴う危険性に関する知識のない方はフォント情報の変更は行わないでください.

Source files

 このKCTRLは基本的にオープンに利用できるものとしソースを公開しています. また, 手軽にKCTRL.DLLを利用するためのインポートライブラリや資料も公開して います. 詳しい内容が知りたい方は, このパッケージを入手した場所でソースを取得するか, 直接, 伊藤 栄一郎までご連絡ください. 連絡は著作権者に行ってください.

著作権と使用条件

  • このプログラムはフリーウェアです.
  • このプログラムの著作権は,伊藤 栄一郎, Eiichiroh Itoh, mailto:GHC02331@nifty.com が保持しています.
  • 著作権者はこのプログラムの動作を一切保証しません.
  • このプログラムを利用した, あるいはしなかったことにより発生した被害に関する一切の責任を著作権者はとりません.
  • このプログラムを商品の一部として添付するなど, 許可なく商業目的に利用することを禁じます.
  • このプログラムを再配布したい場合は, 事前に著作権者まで許可を求めてください.
  • このプログラムを雑誌で紹介する場合には事前・事後の許可は必要ありません.
  • このプログラムを個人のホームページで紹介する場合には事前・事後の許可は必要ありません.
  • このプログラムを雑誌以外の書籍で紹介する場合には事前に著作権者まで許可を求めてください.

Copyright, Distribution Policy and Disclaimer

This program is a copyrighted freeware. Its copyright is owned by its author. You may use it freely, but you are not permitted to use it for any commercial purpose. If you want to post this program to other BBS, ftp site or network, or if you want to bundle it to other program or publication, you should receive prior permission from its author. The author is in no way liable to any damage, which may be caused by the use of or inability to use this software.

Thanks

 このDLL作成にあたって, 関谷 博之さん, 工藤 徳也さん, 平出 和彦さん に感謝します.
 また, バグを含み不完全ながらもこのDLLを積極的にお使い下さった,Brahmaさん, MAENO Yasushiさん, そしてWindowsCE Users in Japan MLの皆様に感謝します.

History

 __Date____Ver_   _Description_
         V0.01   アルファ版公開
         V0.02   表示高速化
         V0.03   KPADの為の倍角表示関数追加

         V0.04   フォント幅・高さおよび, DLLバージョン情報取得ルーチン追
                  加
         V0.06   12ドットフォント対応版作成
         V0.07   フォントDLL分離. ベータ公開
         V0.08   タブ長関係の関数追加. ベータ公開
         V0.09   unicode2sjisで漢字が全て「伊」になってしまうバグ修正
         V0.10   14ドットフォント対応. リストボックスの反転表示バグ修正
         V0.11   メール用の BASE64-encoding をサポート
         V0.12   JISの開始・終了コードを正しくした
         V0.13   JP版作成. is_hankaku追加
         V0.14   半角文字の判定バグをFIX. ENG版作成. GetKLocale追加
         V0.15   前野さんのMyMailで正しく日本語表示されるように修正
         V0.16   英語版での表示スピードダウンに対処

         V0.17   MyMailが表示できないバグ対処(英語版)
                  文字が欠けるバグ対処(日本語版)
         V0.18   MyMailが表示できないバグ対処(英語版カシオペア)
         V0.20   使用されていないいくつかの関数を廃止
         V0.21   WindowsCE V2.0対応
         V0.22   ベータ公開
         V0.23   SJIS→Unicodeコード変換時のバグに対処
         V0.24   Unicode→JISコード変換時のバグに対処
 98/02/27 V0.25   sjis2unicode/unicode2sjisのインターフェイス変更
 98/07/18 V0.26   US版で偽UnicodeからUnicodeを使うように変更
 99/02/07 V0.27   H/PC Pro対応, V1.0E以外で2フォントに対応

(KCTRL — Kanji-Controls for WindowsCE)

コメントは受け付けていません。

KCTRL V0.28 for Windows CE Download

コメントは受け付けていません。

KCTRL V0.28 – Japanization Toolkit DLL for Windows CE

Download

(Full Package)
KCTRL028.ZIP

コメントは受け付けていません。

KCTRL V0.28 – Japanization Toolkit DLL for Windows CE

コメントは受け付けていません。

KCTRL V0.28 – Dynamic Link Library of Japanization Toolkit for Windows CE

Copyright (C) 1997-2001 ITO, Eiichiro (GHC02331@nifty.ne.jp)

Introduction

KCTRLは,KCTRL対応アプリケーションで日本語を表示させるのに必要なダイナミックリンクライブラリです.以下のような場合に利用します.

  • 英語版Windows CEマシンで,KCTRL対応アプリケーションにより日本語を表示させる.
  • 日本語版Windows CEマシンで,KCTRL対応アプリケーションを動作させる.

このDLLをインストールしただけで,英語版Windows CEマシン上で日本語を表示させられるわけではありません.
対応アプリケーションと同時にご利用ください.
最新版は以下の場所で入手できます.

[Official Secondary Server]
http://oohito.com/mcsg/

Description of package

このファイルには,以下のファイルが入っています.

  • NG – GNU LESSER GENERAL PUBLIC LICENSE
  • README.JP – この説明ファイル
  • README.US – 英語で書かれた説明ファイル
  • KCTRL.DLL – DLL本体.マシンタイプ・CPU・日本語版用/英語版用ごとに分かれている
  • KCTRL.LIB – アプリケーション作者のためのインポートライブラリ
  • source – KCTRL.DLLを作成するのに必要なソースファイル

よくある問題として,KCTRL.DLLが見あたらないという質問を受けます.これは,エクスプローラの設定で,.DLLファイルを表示しないようになっている場合に発生します..DLLファイルを表示させるには,以下のように設定します.

  1. エクスプローラのツールメニューから,フォルダオプションを選びます.
  2. 表示タブをクリックし,詳細設定で「全てのファイルとフォルダを表示する」をクリックします.
  3. OKを押して設定を確定させます.

なお,KCTRLアプリケーションを動作させるには,KCTRL.DLLだけが必要です.

Installation

お使いのWindows CEマシンが,英語版か日本語版かによってインストール方法が異
なります.

英語版Windows CEマシンの場合

1. フリーの日本語フォント(TrueType)を,あなたのWindows CEマシンのWindowsフォルダにコピーします.
2. このパッケージに格納されている複数のKCTRL.DLLから適切なものを選び,あなたのWindows CEマシンのWindowsフォルダにKCTRL.DLLをコピーします.
3. どのフォルダから適切なKCTRL.DLLを選ぶかは,以下を参考にしてください.
1. あなたのWindows CEマシンのタイプによって,HPC, PsPC, PocketPCのいずれかのフォルダを選びます.
2. 次に,USフォルダを選びます.
3. 次に,あなたのマシンのCPUの種別によって,ARM, MIPS, SH3, SH4のいずれかのフォルダを選びます.
4. そのフォルダにあるKCTRL.DLLを,Windows CEマシンのWindowsにコピーします.
4. コピーが終わったら,Windows CEマシンを再起動させてください.

日本語版Windows CEマシンの場合

1. このパッケージに格納されている複数のKCTRL.DLLから適切なものを選び,あなたのWindows CEマシンのWindowsフォルダにKCTRL.DLLをコピーします.
2. どのフォルダから適切なKCTRL.DLLを選ぶかは,以下を参考にしてください.
1. あなたのWindows CEマシンのタイプによって,HPC, PsPC, PocketPCのいずれかのフォルダを選びます.
2. 次に,JPフォルダを選びます.
3. 次に,あなたのマシンのCPUの種別によって,ARM, MIPS, SH3, SH4のいずれかのフォルダを選びます.
4. そのフォルダにあるKCTRL.DLLを,Windows CEマシンのWindowsにコピーします.
3. コピーが終わったら,Windows CEマシンを再起動させてください.

以上でインストールは終わりです. KCTRLに対応したアプリケーションを導入し 実行すれば日本語が表示されるはずです.

Change Log

 __Date____Ver_   _Description_

         V0.01   アルファ版公開

         V0.02   表示高速化

         V0.03   KPADの為の倍角表示関数追加         V0.04   フォント幅・高さおよび, DLLバージョン情報取得ルーチン追

                  加

         V0.06   12ドットフォント対応版作成

         V0.07   フォントDLL分離. ベータ公開

         V0.08   タブ長関係の関数追加. ベータ公開

         V0.09   unicode2sjisで漢字が全て「伊」になってしまうバグ修正

         V0.10   14ドットフォント対応. リストボックスの反転表示バグ修正

         V0.11   メール用の BASE64-encoding をサポート

         V0.12   JISの開始・終了コードを正しくした

         V0.13   JP版作成. is_hankaku追加

         V0.14   半角文字の判定バグをFIX. ENG版作成. GetKLocale追加

         V0.15   前野さんのMyMailで正しく日本語表示されるように修正

         V0.16   英語版での表示スピードダウンに対処

V0.17   MyMailが表示できないバグ対処(英語版)

                  文字が欠けるバグ対処(日本語版)

         V0.18   MyMailが表示できないバグ対処(英語版カシオペア)

         V0.20   使用されていないいくつかの関数を廃止

         V0.21   WindowsCE V2.0対応

         V0.22   ベータ公開

         V0.23   SJIS→Unicodeコード変換時のバグに対処

         V0.24   Unicode→JISコード変換時のバグに対処

 98/02/27 V0.25   sjis2unicode/unicode2sjisのインターフェイス変更

 98/07/18 V0.26   US版で偽UnicodeからUnicodeを使うように変更

 99/02/07 V0.27   H/PC Pro対応, V1.0E以外で2フォントに対応

 01/01/24 V0.28   H/PC, Palm-size PC, PocketPCへの対応

                  eMbedded Visual Tools 3.0への対応

                  GNU LESSER GENERAL PUBLIC LICENSEへの対応

                  Windows CE V2.0以前への対応の終了

KCTRL – Dynamic Link Library of Japanization Toolkit for Windows CE

コメントは受け付けていません。