長期ボランティア

 SCIでは長期ボランティア活動は最も重要な活動のひとつで、通常LTV(Long term volunteerの略)と呼んでいます。このLTVがいるのがSCIの大きな特色のひとつです。
 長期プロジェクトとしてSCI各支部が運営する、又はSCIと関わりを持つプロジェクトでボランティア活動を行なうか、受入支部の要請でいくつかのプロジェクトを移動してそれぞれの活動に参加することにな ります。活動内容は、農業や環境問題に取り組むプロジェクト、障害者/児など助けを必要とする人たちへの支援活動、紛争や自然災害による難民の救援活動、コミュニティー活動の協力など、さまざまです。
 ボランティアはいろいろ体験し学ぶと同時に、ボランティアの活動そのものが、プロジェクトに影響を与え、プロジェクトの維持運営に関わることになります。したがって長期ボランティはSCIの運動について理解していただく必要があり、事前にSCIの経験を持っていただくことになります。基本的にはSCIのワークキャンプ経験が参加の条件です。長期ボランティアに行く前に、1度SCIのワークキャンプ(国内、国外どちらでも)にご参加していただきたいと思います。

 LTVの例
☆スペインのバスク地方にある農場学校で、家畜の世話などの農作業や学校の手伝いをしたり、子供達のためのワークショップに参加したりする。
☆スイスの亡命希望者の施設で共に働く
☆アメリカの農場で、身体・精神障害者と各国ボランティアと生活し働く
☆オランダSCI事務局で、プロジェクトの運営、ボランティアの受け入れ派遣を手伝う
☆ インドの社会福祉センターで、アーユルベーダ(インド伝統医学)推進、AIDS意識向上プログラム、子供への教材の配布を手伝う
☆ ブルガリアのエコセンターで、環境教育、エコツーリズムの情報、材料を集め企画・運営する
☆ イギリスで、家庭崩壊した家族を支援する施設で働く
☆ スリランカで、身体障害者のリハビリと民族和解を組み合わせたプロジェクトで働く
☆ポーランドの小学校で、子供と若者に英語を教える
☆ベラルーシで、視覚障害を持つ若者のサポートをする
☆ネパールで、現地NGOで働く若者に英語を教える
☆ イタリアのユートピアシティ作りを進める地域で、地元の様々な活動家と共に地域活性化を促進する
☆ベルギーで学習障害のある人々と共に暮らし、サポートする
☆マドリッドで文化センターの修復作業を行う
☆ バングラデッシュの『Eye Clinic』という、経済的に貧しい人々を目の病気から守るプロジェクトで働く

 上記のようなプロジェクトで外国からの長期ボランティアを募集しています。期間や募集人数はさまざまです。上記のほかにもSCIの各国支部が長期ボランティアのプロジェクトを行っています。

 パソコンでご覧の方はこちらをどうぞ。