金澤農場プロジェクト

 金澤農場は、栃木県矢板市の郊外、市街地から車で20分位の所にあります。十数年もの間化学肥料や農薬を一切使わない農業を続けていて、現在では、平飼いによる約400羽の養鶏の他、年間を通してそれぞれの季節の野菜作りやアイガモ農法(※)による米作りに取り組んでいます。
 SCI 日本では、2003年に長期ボランティアの派遣を始め、年に数回の週末ワークキャンプや、2004年からは毎年夏に国際ワークキャンプの開催も行なっています。

 本当の有機農業とは、農薬はもちろん化学肥料も一切使わない、自然のバランスを人間の都合で崩さない農業です。その分人手もかかりますし、仕事も本当にたくさんあります。また、本物の瑞々しい有機野菜とお米の美味しさは、とても言い表すことはできません。ご自分の舌で確かめてみてください。

(※)アイガモ農法…夏の間、田んぼでアイガモを放し飼いにしておくというやり方です。アイガモは稲と稲の間をスイスイと泳ぎながら雑草を食べてくれますので、草取りの手間を省くことができます。また、アイガモが田んぼで落としてくれる糞が、稲の肥料になります。まさに一石二鳥の農法です。

■週末ワークキャンプについて

 SCI日本では週末を利用して1泊2日又は2泊3日の短期のワークキャンプを実施しています。日程はその都度このブログでお知らせします。参加費は、現地までの交通費を自己負担していただく他は、食費程度となります。

第4回金澤農場ワークキャンプ(2007年8月19日〜9月1日)

記念植樹 朝食 花火 休日に日光へ imgp1166.JPG imgp1125.JPG