フリー・キッズ・ヴィレッジにLTVが来ます

 来月、長野県のフリー・キッズ・ヴィレッジにオランダからLTV(長期ボランティア)が来ます。名前は“Xiaofeng”(今のところメールのやりとりだけなので、残念ながら何と読むかわかりません)。女性です。

 今月31日に来日し、4月3日から25日までボランティアをします。

ワークキャンプ報告会開催のお知らせ

 今年も、秋の好例行事『ワークキャンプ報告会』を、去年に引き続き東京と大阪で開催します。福島県いわき市での緊急災害救援キャンプ、復興支援キャンプ報告と、会員、キャンプ参加者などの交流の集まりです。

【東京会場】
 今年はティーパーティ形式で行います。会場は、稲田信一さんのお宅の広間です。稲田さんのご両親は、かつてSCIの若者たちを熱烈に支援してくださいました。お父さんは、91歳でお元気とのことです。

●日時:10月2日(日)午後2時〜5時
●会場:稲田さんのお宅(杉並区:JR中野駅からバス15分)
●参加費:800円
●集合場所:JR中野駅北口を出て左のガード下
●集合時間:午後1時
●申し込み:9月22日までにSCI事務所/上田孝彦⇒ takahiko.ueda@sci-japan.org

【大阪会場】
 関西在住の皆様はぜひぜひお越しください。
 今年は夏の国内ワークキャンプ参加者に加えて、イギリスでの長期ボランティアを終えて帰国されたメンバーも参加します。

●日時:2011年10月2日(日曜日)13時から17時
●場所:クレオ大阪東 和室
●住所:〒536-0014 大阪市城東区鴫野(しぎの)西2-1-21
   電話番号 06−6965−1200
●アクセス:JR京橋駅南口から600m
参加される方は当日までにSCI日本へメールでご連絡ください。
sci-japan@sci-japan.org

夏のワークキャンプ報告会開催のお知らせ

 今年の夏、日本国内では3つの国際ワークキャンプが開催され、SCI日本がサポートしている香港キャンプと合わせて4つのキャンプが行われました。

 それぞれのキャンプ参加者に再度集まっていただき、キャンプ報告会を開催します。

 誰でも自由に参加できますので、国際ワークキャンプやSCIの活動に興味のある方は是非ご参加ください。参加費は無料です。参加を希望される方は、SCI日本にご連絡下さい。

<東京>
日時:9月18日(土)午後2時〜5時

会場:烏山区民センター(世田谷区南烏山6-2-19 )
   京王線千歳烏山駅下車北口徒歩1分
   TEL03-3326-3511

<大阪>
日時:10月24日(日)午後1時〜5時

場所:弁天町市民学習センター、第3会議室(大阪市港区弁天1−2−2−700(オーク2番街7階))
   TEL06-6577-1430
交通案内:
 ☆地下鉄をご利用の場合
中央線「弁天町駅」西口2A出口より徒歩3分 連絡通路を通り中央エレベーターで7階へお越しください。

 ☆JRをご利用の場合
JR環状線「弁天町駅」北口より徒歩3分

2010年国際ワークキャンプ参加者募集中

 今年も世界中のSCIやパートナー団体の主催で国際ワークキャンプが開催されます。ただいまその参加者を募集しております。

 SCI日本ではこの夏香港でのワークキャンプをひとつ(※)、国内ワークキャンプを3つ主催します。

 ◎ 香港ワークキャンプ:7月24日(土)〜8月1日(日)
 ◎ 小杉農場ワークキャンプ:8月2日(月)〜8月16日(月)
 ◎ フリーキッズヴィレッジワークキャンプ:8月5日(木)〜8月19日(木)
 ◎ 金澤農場ワークキャンプ:8月21日(土)〜9月4日(土)

 詳細はこちらをご覧ください。⇒国内ワークキャンプ情報

 海外のSCIやパートナー団体が主催する国際ワークキャンプの情報は、こちらでご覧ください。⇒世界のワークキャンプ情報(英語)
 1)検索用ページ中央の[Select]を開き、[Japan]を選択して[Go]をクリックしてください。
 2)[Voluntary Projects Database SCI Japan]というタイトルが出ますので、そのすぐ下の右端の[Search]をクリックしてください。
 3)後は[Please Set Your Search Criteria]で希望事項を選択してゆけば、ご希望のキャンプが日付順に表示されます。

※…SCIでは原則としてそれぞれの国にあるSCIが自国内でワークキャンプを主催することになっていますが、香港を含む中国にはまだSCIがない為、SCI日本がワークキャンプの開催のお手伝いをしています。

フリーキッズヴィレッジ 田植えキャンプ報告

 先週末、フリーキッズヴィレッジ田植えキャンプに参加してきました。
 簡単ですがご報告を致します。
 キャンプ当日、塩山駅で待ち合わせをして、車でフリーキッズヴィレッジへ向け出発しました。道中、キャンプの思い出話や、有機農業のことなど色々と
話す事が出来、これもキャンプの楽しみの一つと実感。

 朝早い時間に出発したので、お昼ころ現地に到着し、午後の作業ミーティングをしてから準備をして、余裕をもって午後からの作業に合流することが出来ました。
(集合時間前に到着してしまい、申し訳ありませんでした。)

 まず、子ども田んぼの田植えを始めます。最初は田んぼに入った途端、土に沈む長靴に焦ったりもしましたが、やわらかい土の感触に心地よさを感じながら、苗が植わっていく様子を見ていると、自分たちでも出来るんだ!と楽しい気持ちになりました。

 次の田んぼは高いところにあるので眺めもよく、広大な景色の中、田んぼには昔ながらの手で田植えをする人影があり、自然と調和していました。

 翌日は、残りの田植えもお昼には無事に終わり、まだ帰るには早いと、フリーキッズヴィレッジの方に無理なお願いをして、仕事の段取りしてもらいました。

 午後はねぎ畑の草取りとジャガイモ畑の土寄せ。

 野菜は食べるけど、どうやって育てているか知らない事もあると思います。草取りをしながら、玉ねぎってこうやって出来るんだと自宅に家庭菜園(玉ねぎは栽培していない…)がある私でさせそう感じたので、普段土に触らない人はもっと分からないのかなと思いました。
 フリーキッズのキャンプは現代人失いかけた感性を、土や苗、作物を通して体験させてくれる、とてもよい場所です。

 これからもキャンプに参加して知識を増やし、経験を積みたいと思いました。

 ありがとうございました。