フリーキッズヴィレッジ 田植えキャンプ報告

 先週末、フリーキッズヴィレッジ田植えキャンプに参加してきました。
 簡単ですがご報告を致します。
 キャンプ当日、塩山駅で待ち合わせをして、車でフリーキッズヴィレッジへ向け出発しました。道中、キャンプの思い出話や、有機農業のことなど色々と
話す事が出来、これもキャンプの楽しみの一つと実感。

 朝早い時間に出発したので、お昼ころ現地に到着し、午後の作業ミーティングをしてから準備をして、余裕をもって午後からの作業に合流することが出来ました。
(集合時間前に到着してしまい、申し訳ありませんでした。)

 まず、子ども田んぼの田植えを始めます。最初は田んぼに入った途端、土に沈む長靴に焦ったりもしましたが、やわらかい土の感触に心地よさを感じながら、苗が植わっていく様子を見ていると、自分たちでも出来るんだ!と楽しい気持ちになりました。

 次の田んぼは高いところにあるので眺めもよく、広大な景色の中、田んぼには昔ながらの手で田植えをする人影があり、自然と調和していました。

 翌日は、残りの田植えもお昼には無事に終わり、まだ帰るには早いと、フリーキッズヴィレッジの方に無理なお願いをして、仕事の段取りしてもらいました。

 午後はねぎ畑の草取りとジャガイモ畑の土寄せ。

 野菜は食べるけど、どうやって育てているか知らない事もあると思います。草取りをしながら、玉ねぎってこうやって出来るんだと自宅に家庭菜園(玉ねぎは栽培していない…)がある私でさせそう感じたので、普段土に触らない人はもっと分からないのかなと思いました。
 フリーキッズのキャンプは現代人失いかけた感性を、土や苗、作物を通して体験させてくれる、とてもよい場所です。

 これからもキャンプに参加して知識を増やし、経験を積みたいと思いました。

 ありがとうございました。

フリーキッズヴィレッジ週末ワークキャンプ(5/29〜30)

 先月に引き続き、今月の29日30日にフリーキッズヴィレッジで週末ワークキャンプを行ないます。

 今回の作業は『田植え』。7枚の田んぼすべてが手植えなので、応援いただけると助かります。
 今年は寒暖の差が激しく、亜熱帯並みに暑い日が2日間続き、ビニールハウス内で育てている稲の苗が徒長(ひょろひょろ)気味になり、根より葉が伸びてしまいました。「苗作りがうまくいけばお米作りの半分は成功したもの」と言われています。毎年いい苗育てを目指していますが、なかなか思うようにいきません。元気な稲に育つように、
田植え週末キャンプを行います。みんなで作業をすれば楽しく、早く田植えをすることが出来ると思います。

 先月から長期ボランティアで参加しているスイス人のラファエル君も週末ワークキャンプを楽しみにしています。
ご都合がつく方は是非ご参加ください。参加を希望される方は28日までに電話かEメールでSCIまで連絡下さい。

場所 長野県伊那市高遠町山室3009(※)
   TEL/FAX 0265-94-5028 
日にち 5月29(土)30日(日)
現地集合時間  14:00
解散時間   16:00頃
参加費 1000円
持ち物 寝袋、防寒着、長靴(又は田植えタビ)、作業服、帽子、軍手など、その他各自必要と思う物

 今回は田植え作業です。長靴(又は田植えタビ)は必要ですので、必ず持参してください。

※…事前に連絡いただければ、最寄りの駅かバス停で待ち合わせて、車で現地まで行くことができます。

フリーキッズヴィレッジ週末ワークキャンプ(4/3〜4)

 昨年11月に初めて開催して以来、フリーキッズヴィレッジでの久々の週末ワークキャンプです。参加を希望される方は、4月1日(木)までにSCI日本に連絡下さい。

■日程:4月3日(土)〜4日(日)
■場所:長野県伊那市高遠町山室3009フリーキッズヴィレッジ
■現地集合時間:4月3日(土)14:00(事前に連絡いただければ、最寄りの駅かバス停で待ち合わせて、車で現地まで行くこともできます)
■参加費:1000円
■持ち物:寝袋、防寒着(朝晩は冷え込むため)、作業靴(長靴など)・作業用の服(作業に適した汚れても構わない服装で)、帽子、軍手など、その他洗面道具や寝間着など各自必要と思う物
■作業内容:水路の整備、育苗箱への土入れ、田んぼの代掻きやあぜ切りなど

フリーキッズヴィレッジのホームページ

    

金澤農場週末ワークキャンプ(6日、7日)

 今回は大阪から3人が参加して、無事終了しました。

キャンプでは、鶏糞などを醗酵させて作った堆肥を、農家から少し離れた田んぼにトラックで運搬して撒く、という作業を主にしました。鶏糞の匂いに包まれながら何度も一輪車でトラックからたい肥を田んぼに撒く作業は、なかなかの力仕事で大変でしたが、隣のおばあちゃんにも指示を仰ぎながら、なんとか雨にもほとんど降られず、二日目の午前中には田んぼ全体に撒き終わることができました。
 また、金澤さんの野菜を購入している今井さんという男性もたまたま来ていて、一緒に作業をしていただいたり、仕事で扱ってらっしゃる細菌の話をはじめ、いろんなお話をしていただきました。
 今回も学ぶことが多く、とても充実したキャンプをすることができました。

金澤農場週末ワークキャンプ(3月6日、7日)

 1月と2月はお休みしてしまった週末ワークキャンプですが、3月は6日、7日に開催します。今年は雪が多いらしく、仕事がたくさん待ってくれているそうです。
 おもな仕事は、田んぼに肥料まき、鶏小屋の鶏糞とり、薪づくりなどなどらしいです!
 みなさん奮ってご参加ください。

【3月週末ワークキャンプ】
集合:3月6日 午後12時 JR東北線矢板駅改札
解散:3月7日夕方
持ち物:ベッドシーツか寝袋、防寒具、作業靴・服、洗面用具、帽子など
参加費:食費として500円

金澤農場のHP