★2013年日中韓合同ワークキャンプ参加者募集★(終了)

【期間】2013年2月20日(水)~ 3月1日(金)
            ※原則十日間の参加ですが、難しい場合はご相談ください。
【場所】 香港(中国)
【活動内容】高校生たちと異文化交流や貧困削減などに関するアクティビティ-を作る、中国のお正月体験、ハンディキャップ施設見学

【言語】英語

【募集人数】 約5名(日本・中国・韓国の方限定/全員約12名)

【参加者年齢】18歳以上
【申込〆切】 2月15日 (先着順)
【費用】 学生の方:参加費 8,000円 (キャンプ中の食費、宿泊費、保険費、2013年年会費3000円を含む) 他の方:  10,000円(年会費5000円を含む)

SCI保険はキャンプ中の怪我をカバーする最低限のものですので、別途、個人で旅行保険をかけておいてください。

現地までの往復交通費と香港内での移動の際の交通費は自己負担になります。

SCIのキャンプは、基本的に現地集合・現地解散で、空港へのお迎えはありません。今回のキャンプの集合場所はどこになるかはまだ香港支部から指示がありませんが、その集合場所までご自身で行くことが基本です。集合場所が決まり次第、更新いたします。

【参加方法】(Volunteer Exchange Formの記入と参加費のお振込先)はこちらへhttp://www.sci-japan.org/HOMPAGE/sankahouhou.htm

お問い合わせや、参加者希望者は以下にご連絡ください!詳細をお送りいたします。
【SCI-Japan】連絡先:03-6750-2383メール:sci-japan@sci-japan.org
HP:http://www.sci-japan.org/

SCI International ホームページで合同ワークキャンプの情報はhttp://www.workcamps.info/icamps/search.html?start=20

今年2月福井での日中韓合同ワークキャンプ報告 http://oohito.com/sci/posts/399

2012年第2回 バングラデシュでの国際ワークキャンプ参加報告

画像

場所:バングラデシュ、ポトアカリ、ランガバリ

期間:2012年9月6日~16日

ワーク内容

1、キャンプ地清掃: キャンプの宿舎の周りの清掃を行った。今回はゴミを処理するための穴を掘る作業も行われた。

2、ポイ捨て禁止を呼び掛けるポスター作り: 地元の人たちがキャンプ地にゴミをポイ捨てすることを抑制するためにポスターを作製した。今回はキャンプ地だけに掲示したが、キャンプ地のある近隣の村でも呼びかけをしたらどうかという意見もあった。

3、近隣シェルター見学、医療施設見学、建設現場見学: 前回はあまり詳しく見て回らなかったが、今回はシェルターが普段どのように使用されているか、地元の医療体制、教育体制はどうなっているか、建設現場の現状などを、地元の人に協力してもらいながら見て回った。

参加者たちの感想

ランガバリを訪れるのが2回目だったこともあり、地元の人が私のことを覚えていてくれたのはとても嬉しかった。地元の人は英語がわからない人が多く、会話のほとんどが簡単なベンガル語だったが、日本人キャンパーを歓迎してくれていること、シェルター建設を心待ちにしていてくれることは伝わってきた。また彼らの笑顔を見に来たいと強く思った。 (M.M 日本人・女性)

ポイ捨ての文化はキャンパーにも染みついているし、ランガバリの子供たちもしていてすごくカルチャーショックを受けました。しかし、この国人たちの心の暖かさには魅了されました。どこに行っても全く知らない人でも抵抗なく関わって笑顔を共にできることが素敵でした。

今回英語もままならない私がワークキャンプを心から楽しめたのは、キャンパーのおかげです。メンバーのみんなに出会えてよかったです。次回参加するときには、もっとコミュニケーションをとれるようになってやれることを増やしたいです。バングラデシュで学んだこと感じたことを、そのままにして終わらすことなく自分のこれから学ぶ学問に活かして糧にしたいと思います。 (H.T 日本人・女性)

 

 キャンプの食事を準備中

  病院見学

 ポスタ-作り

 メンバ-ミ-ティング

 

 

バングラデシュでの国際ワークキャンプが終わりました

 バングラデシュのランガバリでのワークキャンプが終了しました。

 日本からの参加者から帰国の連絡があり、
「初めての海外で、不安でいっぱいでしたが、2週間めいっぱいバングラデシュという国を堪能してきました。」
「本当に貴重な体験をさせていただくことができました。多くのことを学ぶことができました。」
 との感想も寄せられていて、大きな成果があったようです。

 が、
「バングラデシュでの以前のワークキャンプと比較すると、自分がしたのは観光だったような気がしています。」
という、物足りなさを感じている様子も伺えました。

 次回のワークキャンプは、今のところ9月初旬くらいに開催される予定です。

バングラデシュ、国際ワークキャンプ

 バングラデシュのベンガル湾に面した地域は、毎年のようにサイクロン(台風)が襲い、たくさんの犠牲者と大きな被害をもたらしています。このサイクロンから人命を救うためにサイクロンシェルター(避難施設)が作られてきましたが、その数はまだまだ足りません。国際ボランティア団体SCI日本支部とバングラデシュ支部は、シェルター建設のために国際設計競技を実施し、その最優秀案を、ボランティアの参加と協力により現地に建設します。
 今回、建設予定地の整地作業をボランティアの参加による国際ワークキャンプで行うことを計画しました。また現地、ランガバリで地域の人たちとの交流を通して、気候変動による自然環境の変化が、地域の人々の生活に直接影響し始めている実情を学ぶこともこのワークキャンプの目的です。

期 間: 2012年3月8日~3月22日
場 所: バングラデシュ、ポトアカリ県、ゴラチパ郡、ランガバリ
参加予定人数: 15~20人

プログラム: サイクロンシェルター建設のための整地
        地域の人達との交流
        気象変動の影響について現地で学ぶこと

参加費: 日本での支払額:学生¥8,000-、一般¥10,000-(いずれも 年会費、保険料等を含みます)
    現地での支払額:150ユーロ(約¥15,000-)、ダッカからランガバリまでの往復交通費を含む。

 ※ダッカまでの往復交通費は自己負担になります。

申込・問い合わせ:SCIジャパン
        東京都世田谷区南烏山5-30-3、101
     電 話:03‐6750‐2383(平日 午前10時~午後6時)
     メール:sci-japan@sci-japan.org

ワークキャンプ報告会開催のお知らせ

 今年も、秋の好例行事『ワークキャンプ報告会』を、去年に引き続き東京と大阪で開催します。福島県いわき市での緊急災害救援キャンプ、復興支援キャンプ報告と、会員、キャンプ参加者などの交流の集まりです。

【東京会場】
 今年はティーパーティ形式で行います。会場は、稲田信一さんのお宅の広間です。稲田さんのご両親は、かつてSCIの若者たちを熱烈に支援してくださいました。お父さんは、91歳でお元気とのことです。

●日時:10月2日(日)午後2時〜5時
●会場:稲田さんのお宅(杉並区:JR中野駅からバス15分)
●参加費:800円
●集合場所:JR中野駅北口を出て左のガード下
●集合時間:午後1時
●申し込み:9月22日までにSCI事務所/上田孝彦⇒ takahiko.ueda@sci-japan.org

【大阪会場】
 関西在住の皆様はぜひぜひお越しください。
 今年は夏の国内ワークキャンプ参加者に加えて、イギリスでの長期ボランティアを終えて帰国されたメンバーも参加します。

●日時:2011年10月2日(日曜日)13時から17時
●場所:クレオ大阪東 和室
●住所:〒536-0014 大阪市城東区鴫野(しぎの)西2-1-21
   電話番号 06−6965−1200
●アクセス:JR京橋駅南口から600m
参加される方は当日までにSCI日本へメールでご連絡ください。
sci-japan@sci-japan.org