アジア・サマー・ユニバーシティ2

アジア・サマー・ユニバーシティ(Asia Summer University-通称ASU)2は、SCIのアジア支部の次代を担う若手が集まって、SCIについて、平和について、アジア支部のつながりについてなど話し合う場です。またリーダーシップトレーニングが行われたりもします。
 ASU1は2006年にネパールで行われました。今年ASU2をインド支部主催で行う予定ですが、国際本部からの金銭的支援は受けられなくなったので、実現が難しいかもしれない、別の財団に申し込もうかなどの話し合いがASU2準備チームの間でなされています。日本支部としてどのように関わるのか、運営委員会でも模索していきたいと思います。

バングラデシュのプロジェクトの可能性

 サイクロンの復興支援プロジェクトの立ち上げをバングラ支部主導で、日本支部がサポートする形で始められないかと、バングラ支部に聞いたところ、バングラ支部も前向きにその可能性を模索し始めています。現在、バングラ支部側の責任者を誰にするか話し合っている最中ということです。このプロジェクトが立ち上がると双方にとってとても良い活動になるのではないでしょうか。

アリーナ、3ヶ月のボランティアを終える

 4月初めから金澤農場でLTVとして奉仕していたアリーナがついに3ヶ月の奉仕を終えて、27日(金)に東京へ戻ってきます。出国は7月4日、新潟から発ちます。
 肉体的にも、言語が分からないという大変さなどから精神的にも、大変な活動であったと思います。それでも3ヶ月を途中で投げ出さなかったアリーナに尊敬の念を抱かずにはいれません。
 アリーナは「一度は、まったく言語が分からない状況に身を置いて生活・労働をしてみたかった。今回それができて、自分の知らなかった一面を知ることができた。」と話していました。困難な状況において、より自分を見つめたり、自分の知らない自分を見つけたりすることを実現するのは難しいと思います。どうしても楽な方に行ってしまう自分のことを振り返ると。皆さんはどうですか?

週末ワークキャンプの報告

 3月から一月に一回のペースで金澤農場で週末ワークキャンプを行っていますが、これで4回目の週末ワークキャンプとなりました。(6月21日・22日)

 これまでで一番多くの方々が参加してくださいました。シニアメンバーのある方は、何と30年ぶり近くでSCIのワークキャンプに参加されました。当日は車を出してくださりありがとうございます。また、沢山の貴重なお話しをしてくださいました。やはりシニアの存在感は大きいと思います。今後も多くのシニアメンバー方々の参加を楽しみにしています。
 その他に、今年の夏海外のワークキャンプに参加する予定の人達、会員になったばかりの人やいつものメンバーらが参加しました。金澤農場に毎週のように手伝いに来られる地元の青年も一緒に1泊して働きました。陽子さん、アリーナも入れて10人の大チームです。

 作業はというと、これまでの金澤農場の仕事の中で1、2のきつさであると思った田んぼの草取りです。しかも土曜日は幸い?夏至(最も日が長い!)で、昼間から暗くなるまで、皆で田んぼに横に並び腰を屈めて草取りをしました。それでもまだまだ終わらない田んぼの広さです!その後温泉に行けたのは幸いでした。
 夜は地元のおばちゃんが二人加わり、アリーナの送別会をしてくれました。

 ☆次回は7月19日・20日に週末ワークキャンプをします。ご予定を空けておいてくださいね!

映画鑑賞会

 6月28日(土) 映画「いのちの食べかた」をついに見に行きます。現在参加者は、アリーナの他3名が決まっています。皆さんも一緒に行きましょう!渋谷で11時に始まります。待ち合わせは10時半に渋谷駅です。行きたい方はSCIにメールください。