【報告】吉村家住宅日帰りワークキャンプ(3月29日)

  アミチェMLの皆様
 
こんばんは。
先週開催されました日帰りワークキャンプについて報告いたします。


当日は生憎の雨でしたが、辻本英衣さん、樋野都子さんを始めとして、
総勢10名が集まってくださいました。
その内、仕事で来阪中のネパール支部のウメーシさんが
貴重な休日を割いて駆けつけてくださいました。

朝の開始から、小雨と、時折強く降ることもありましたが、
外での草むしり作業となりました。
昼休みを挟んで、初めて吉村家住宅に来られた参加者向けに恒例の家の中の案内も行いました。

写真は庭のビフォー・アフターと、昼食時の風景です。
2015032901-1
2015032903
20150329002


吉村家住宅は国の重要文化財に指定されており、年に数回の一般公開が義務付けられているものの、
その維持は所有者に任されています。
古い屋敷で、敷地も広く、家の中の掃除や草むしり作業など、
定期的なケアが欠かせず、所有者の手弁当で維持してきましたが、
吉村家住宅の所有者家族が高齢ということもあり、
多くの方の手助けを必要としています。

昨年、親戚縁者、地域の方、文化財研究の識者から成る「吉村家住宅保存会」が発足しました。
ただ、そのメンバーもリタイア後の方がほとんどです。

若い方の力をお借りしたく、今後も日帰りワークキャンプを開催していく予定ですので、
都合のつく方はぜひお手伝い頂ければ幸いです。
また、今回も辻本さんのお友達も来て下さいましたが、SCI以外の方の参加も歓迎しております。

なお、4月11日(土)、12日(日)には陶芸展及び一般公開が開催されます。
12日13時半からは琴・フルート演奏会も開催しますので、
ご都合のつく方がいらっしゃればぜひお越しください。
以下、吉村家住宅のHPです。

 http://yoshimuratei.org/


SCI 関西支部 里井加陽