「花の百名山」での三ツ峠山とは

これまで山梨の山には何度となく登り、「山梨百名山」は登るために読んでいますが、「日本百名山」や「花の百名山」は手にしたことがありませんでした。
それぞれの山には、それぞれの季節で咲く花があり、それを見た人それぞれに思いがあるわけで、何山は何の花とはきめつけられないのではないでしょうか。
高山には高山の、低山には低山の良さがあり、同じ山に季節を変えて何度も登る楽しみを覚え、行き着いた先が三ツ峠山で、植生の保全活動にも関与させてもらっています。
そして今、三ツ峠山と周辺の山々との相違や類似に関心を持っています。

ところで、ごく最近に「花の百名山」のリストを見る機会があり、三ツ峠山の欄に「レンリソウ、フジアザミ」の掲載があり、気になったので調べてみました。
田中澄江著「花の百名山」には高尾山は載っていますが、三ツ峠山は載っていません。その後の「新・花の百名山」には高尾山が載らずに、三ツ峠山が載っています。
その三ツ峠山の欄にある「レンリソウ」という花にはこれまで気づかずにきましたが、篠原博著「三ツ峠の自然界」の植物目録にも、「マメ科、初夏・河口道・麓」と記載されていました。

さっそく「レンリソウ」を図鑑で調べ、ネットで検索して見ると、どうもおかしいのです。三ツ峠山で撮ったというネットの写真はどうみても三ツ峠山でよく見る「ナンテンハギ(フタバハギ)」です。
そこで「新:花の百名山」を蔵書している図書館から借りて来て読んでみました。
挿絵はちゃんと「レンリソウ」に間違いありません。
「ナンテンハギ」は双葉の短い葉柄の腋から花序を出し、花期は7~8月なのに対し、「レンリソウ」は茎が3稜で翼があり、葉柄が伸びて1~3対の小葉をつけ、先はつる状になっていて、長い葉柄の腋から花序を出し、花期は初夏の6月頃のようです。

「新・花の百名山」の本文を読んでみて、さらに違和感を覚えました。レンリソウの記載は三ツ峠山ではないのです。
杓子山や石割山、それに御坂山塊の黒岳や御坂山には花の時期に登っていて、その時見たとあります。
また、三ツ峠山には冬にしか登ってなく、花の紹介は山頂手前の説明看板に掲げられているものを列挙しているだけです。
オリジナルの「花の百名山」に掲載がなく、「新・花の百名山」に三ツ峠山を載せてはいるものの、三ツ峠山の花を愛でた文章になっていないのです。

「新・花の百名山」で高尾山はなぜ割愛されてしまったのでしょうか。これも不思議です。
「花の百名山」には高尾山がトップバッターで登場していて、野山の花を愛しむ心情をつづっていますが、その文章が無くなってしまっているのも残念です。

図書館には「NHK版・花の百名山」というビデオもあったので、これも見てみました。
三ツ峠山荘の管理人の奥さんが案内役で、8月下旬の三ツ峠山を河口浅間神社から母ノ白滝経由で木無山へ登り、開運山山頂までのコースをたどるものでした。
レンゲショウマ、ウメバチソウ、ワレモコウ、マツムシソウ、カイフウロ、フジアザミなどが紹介されていて、約20年前の映像ですが、今でも違和感なく見ることができました。

三ツ峠山には、花を見に訪れる人よりも、富士山を見に登る人の方が多く、また岩登りのトレーニングに来られる方も大勢いますが、昨今花目的では、カモメランの咲く6月とレンゲショウマの咲く8月に登る方が多いようです。

カテゴリー: 動植物, 関連情報 | 「花の百名山」での三ツ峠山とは はコメントを受け付けていません。

10月度月例会を開催しました

10月17日~18日、月例会を開催しました。

三ツ峠山頂の紅葉も進み、富士山も冠雪の時期となり、1日目は防鹿柵の止め具の緩みを確認して締め直す作業を行いました。

登る時には小雨模様だった天気も回復してきて、午後からの作業には支障がなく、ちょうど作業が終わる頃になると、富士山が雲間から姿を現すようになりました。

水滴をつけたマユミの実
マユミの実

雲間から姿を現した富士山
富士山1

富士山2

三ツ峠山頂の紅葉
三ツ峠山頂の紅葉

夕方にはすっかり雲もなくなり、次の日の朝は快晴で、雲海の上に富士山が浮かんで見えていました。

山荘前から夕景の富士山
富士山3

山荘前から日の出前の富士山
富士山1

山荘前から日の出直後の富士山
富士山2

山荘前から日の出1時間後の富士山
富士山3

2日目は、朝食を早々とって下山して、新道峠からすずらん峠経由で黒岳へと上り、日向峠(どんべい峠)へと下る、紅葉狩り登山を楽しみました。

新道峠第2展望台からの富士山
新道峠第2展望台

新道峠第1展望台からの富士山
新道峠第1展望台

黒岳展望台からの富士山
黒岳展望台

黒岳への紅葉狩り登山
黒岳への紅葉狩り登山

カテゴリー: 写真, 動植物, 活動報告 | 10月度月例会を開催しました はコメントを受け付けていません。

9月度月例会を開催しました

9月19日~20日、月例会を開催しました。

一日目はいつものように草地の保全作業を行い、二日目は早めに下山して、高座山で観察会を行いました。
春に野焼きしているカヤトの草原で、三ツ峠では見られない花を楽しむことができました。カセンソウ、キキョウ、コシオガマ、ヒキオコシ、ヒキヨモギ、フシグロ、ムラサキセンブリ、キセワタ、・・・

カセンソウ

キキョウ

コシオガマ

ヒキオコシ

ヒキヨモギ

フシグロ

ムラサキセンブリ

キセワタ

カテゴリー: 写真, 動植物, 活動報告 | 9月度月例会を開催しました はコメントを受け付けていません。

8月度月例会を開催しました

8月15日~16日、月例会を開催しました。

一日目は草地の保全作業を行い、二日目は御巣鷹山から清八山への稜線を下り、清八林道で登山口へと回り、昼食をとってから富士山科学研究所を訪れました。
昨年は青木ヶ原樹海を訪れていますが、今年訪れた研究所は剣丸尾溶岩流のアカマツ林の中にあります。

登山口で見かけたツルニンジン(ジイソブ)の花
ツルニンジン(ジイソブ)の花

登山道で見つけたオニシバリ(ナツボウズ)の実とツノハシバミの実
オニシバリの実

ツノハシバミの実

山頂周辺で見かけた花々、レンゲショウマ、アズマレイジンソウ、メタカラコウ、ウメバチソウ、カイフウロ、マツムシソウ、クルマバナ、シオガマギク、コオニユリ、タチコゴメグサ、チダケサシ、ノハラアザミ、タムラソウ、ヤマノコギリソウ、シシウド、・・・
レンゲショウマの花

アズマレイジンソウの花

メタカラコウの花

ウメバチソウの花

カイフウロの花

マツムシソウの花

クルマバナの花

シオガマギクとミヤママルハナバチ

コオニユリの花

タチコゴメグサの花

チダケサシの花

ノハラアザミの花

タムラソウとキアゲハ

ヤマノコギリソウ

シシウドの花

山荘前からの夕景の富士山
夕焼け空の富士山

朝露に輝くキツリフネソウ
朝露をおびたキツリフネソウ

御巣鷹山からの下山道で見つけた大きなキノコ、アカヤマドリ
アカヤマドリ

富士山科学研究所に咲いていたミヤマウズラとジンバイソウ、それにツルリンドウ
ジンバイソウの花

ミヤマウズラの花

ツルリンドウの花

カテゴリー: 写真, 動植物, 活動報告 | 8月度月例会を開催しました はコメントを受け付けていません。

7月度月例会を開催しました

7月18日~19日に月例会を開催しました。

アツモリソウ生育地の保全活動に加え、ウチョウランの保護活動の一環として、ウチョウランの調査と管理札の設置を行いました。
管理札はできるだけウチョウランの撮影には邪魔にならないように設置してありす。

ウチョウラン管理状態

管理札を設置することでかえって盗掘者に場所を教えることになるのではといった考えを述べる方もいるようですが、管理札を設置し、札と一緒にウチョウランを写真に撮って記録しておくことではじめて、盗掘の実態をきちんと報告できるのです。
それがなければ泣き寝入りするしかないのです。

昨年の花期が終わり管理札を外した後に、種をつけていた株がそっくり採掘されてしまったと考えられる形跡が残っています。
毎年管理札を設置し直すのではなく、今後は継続して管理する記録方式を採用していく計画です。

保全活動と併せて、観察会も楽しみの一つですが、土曜日には小雨もぱらつき、風の強い1日でしたが、日曜日には晴れ上がりました。
今回は早朝観察会を山頂へ行ってみることにしたところ、思いがけず少しガスが流れて、ブロッケン現象を撮ることができました。

早朝の富士山

山頂でブロッケン現象

カテゴリー: 写真, 動植物, 活動報告 | 7月度月例会を開催しました はコメントを受け付けていません。

6月度月例会を開催しました

6月20日~21日に月例会を開催し、アツモリソウの生育する草地の保全作業を行いました。
小雨の中で作業していただいた皆さん、ご苦労様でした。

この時期、カモメランを見に大勢の方が訪れますが、カモメランも他の山野草同様に開花が早く、今年は花数が多かったように思います。
せっかくきれいなカモメランを観賞できる喜びも、心ない一部のカメラマンによって、群生地手前の草がむしりとられたり、踏み固められたりして、ダメージを受けてしまった場所がありました。
自然公園保護官に状況報告と対策について報告をして、回復養生のため立入禁止のロープを張り、保護対策の理解と協力をお願いするメッセージを発信することにしました。

ダメージを受けてしまった草地
立ち入り防護対策を施行

花は咲いていなくても、周囲には幼株の葉があり、また、地中には葉を出す前の幼根だけの株も成長を続けています。
今々開花している花の写真を撮るため、気付かずに、将来咲く花を踏みにじってしまっているかもしれません。
踏み固められたダメージは、回復するのに何年もかかります。
また、損傷を受けた植物は回復できずに終わってしまうかもしれません。
自然を損傷してまで自分好みの状態にしてしまい写真を撮るのではなく、自然をそのまま撮ってほしいと思います。

国立公園内では、許可なく歩道以外に立ち入ることや、植物を損傷することは、自然公園法で禁止されていることも理解して、みんなが楽しめるような環境として維持していけたらいいですね。

アツモリソウも長年にわたる盗掘で激減してしまいましたが、少人数の保護活動で守られてきた株も、頂上付近まで侵入してきたニホンジカによって食害の被害を受ける事態となり、柵で囲ったりせざるを得なくなっています。

また、数が激減したことで他の植物が勢力を拡大して、ササ、カリヤスモドキ、テンニンソウ、クマイチゴ、ヤマドリゼンマイといった植物が、草地を単一化してしまいかねない状況になっています。
これらの脅威植物を許可を得て除伐したり、人間が植えたのをきっかけに大きく成長し、ひどい場所では間伐も必要なくらい林を作ってしまってきているカラマツの下枝を払ったりといった保全作業に、繰り返し人出をかけざるを得ない事態です。
そのような保護活動によって、希少植物アツモリソウをはじめとして、多様な植生が維持されていることを皆さんにご理解いただき、ご協力していただきたいと思います。

囲われているアツモリソウの花の写真を撮るために、草地に入り込んでいる形跡も何か所かで見られますが、ラン科植物は地中でラン菌と共生していて、ラン菌がいないと発芽できず、成長もできません。
発芽しても地上に葉を出すまでには何年間、さらに花が咲くまでに何年間もかかります。

本来の自然界では人間が花の周りに立ち入ることはなく、花の周りを踏み固めることで花にとって重要なラン菌等の土壌菌にダメージを与えてしまいます。
歩道から草地に入り込んで、咲いている花の周りに近づきすぎないようにすることが、保護活動の第一歩だということをあらためて認識した年になりました。。

カテゴリー: 写真, 動植物, 活動報告 | 6月度月例会を開催しました はコメントを受け付けていません。

5月度月例会を開催しました

5月23日~24日に月例会を開催しました。
参加人数も少なく、二日目の天気が心配だったので、昼食をとってから御巣鷹山方面の花観察を行ってから、草地のクマイチゴとテンニンソウの除伐作業を行いました。

二日目は天気予報も良い方に外れ、一日目以上の好天気となりました。
恒例の朝の富士山の写真を撮ってから、早朝観察を行ってから朝食、その後は山荘の中村さんの勧めもあって、早めに下山して乙女高原にサクラスミレを見にいくことにしました。

この時期、富士山とトウゴクミツバツツジの写真を撮りに登ってくる人も大勢います。
富士山とトウゴクミツバツツジ

今回三ッ峠で出会った花たちを写真紹介しておきます。
例年だと6月の花も咲きだしてきていました。

ミツトウゲヒョウタンボク

シロバナフウリンツツジ

ムラサキツリガネツツジ

コヨウラクツツジ

ミヤマニガイチゴ

サナギイチゴ

ヒメゴヨウイチゴ

トリガタハンショウヅル

マイヅルソウ

ユキザサ

ミヤマカラマツ

ナツトウダイ

クリンユキフデ

クルマバツクバネソウ

アカバナヒメイワカガミ

キバナノコマノツメ

エゾノタチツボスミレ

エゾノタチツボスミレ紫花

シロバナタチツボスミレ

シロバナヘビイチゴ

タチカメバソウ

ツルキンバイ

ホソバノアマナ

ミヤマエンレイソウ白花

ミヤマエンレイソウ紫花

ルイヨウボタン

ワチガイソウ

ツルシロカネソウ

カテゴリー: 写真, 動植物, 活動報告 | 5月度月例会を開催しました はコメントを受け付けていません。

乙女高原周辺の観察会

5月17日に乙女高原のサクラスミレ観察会を予定し、5月13日に下見をしました。

下見をした時には、ピンク色だったブナハアカゲタマフシの虫えいが、赤くなってヤマモモの実のよう変わっていました。
ブナハアカゲタマフシの虫えい
ブナハアカゲタマフシの虫えい

下見の時には一部に少ししか咲いていなかったサクラスミレも大分咲きだしてきていました。
サクラスミレ
サクラスミレ

グリーンロッジ前のベンチで昼食をとってから、サンリンソウやミヤマスミレの咲いている場所に移動して観察を行いました。
サンリンソウの近くではツボスミレを見つけました。
サンリンソウ
ツボスミレ

ミヤマスミレはまだ少し咲き残っていて、下見のときにはたくさん咲いていたヒメイチゲの花は花弁を落としていて、すでに大きな実をつけているものもありました。
ミヤマスミレ
ヒメイチゲ
ヒメイチゲの実

下見のとき見つけたコガネネコノメソウやレンプクソウの群生地にも寄ってみました。
ヤマエンゴサクも咲いていましたが、その時には見過ごしてしまったマルバコンロンソウも見つかり、すぐ近くにミヤマハコベも群生していることがわかりました。
コガネネコノメの花
レンプクソウの花
ヤマエンゴサク
マルバコンロンソウ
ミヤマハコベ

もう一か所、シコクスミレの咲く場所に寄って咲いているのを確認するとともに、そのエリアにはイワセントウソウ、コチャルメルソウ、それにズダヤクシュといった小さな花たちも咲いていることがわかりました。
シコクスミレ
イワセントウソウ
コチャルメルソウの花
ズダヤクシュ

一人での観察では見落としてしまったり、目的の花を見つければそれですましてしまうところを、大勢で観察することで、知らなかった花をいろいろ見つけられる歓びがあります。

最後に、トチノキの巨木を見てから帰路につきました。
トチノキの巨木

カテゴリー: 写真, 動植物, 活動報告 | 乙女高原周辺の観察会 はコメントを受け付けていません。

写真家いがりさんと観察行二日目

5月10日、皆さん4時起きで富士山の撮影会ですが、撮影場所にはすでに、昨日の吹雪の中で富士山から戻って今朝夜明け前に三ッ峠に登って来たという先客がいました。
また、この日は南アルプスもよく見えていました。
観察会7
南アルプス

朝食前に、昨日見つけておいたヒメスミレサイシンを観察してもらい、戻って富士山を見てみるとすっきりとはれ上がっていました。
今日の観察行は天気に恵まれそうです。
ヒメスミレサイシン
富士山

下山はジープも走る登山道で、ミツトウゲヒョウタンボクやオオカメノキ、アサノハカエデやハウチワカエデの木本の花が、そして足下にはウスバサイシンが咲いていました。
また、登山口からちょっと下った車道の脇にはフタバアオイも咲いていました。
ミツトウゲヒョウタンボク
オオカメノキ
アサノハカエデ
ハウチワカエデ

ウスバサイシン
フタバアオイ

この日二日目は下山後に富士山南中腹の富士宮市西臼塚遊歩道での観察行です。
駐車場脇に少しピンクを帯びたツボスミレがありました。
遊歩道に入るとタニキキョウ、ミツバコンロンソウ、ツルシロカネソウ、セントウソウ、コガネネコノメソウなどが見られました。
ツボスミレ
タニキキョウ
ミツバコンロンソウ
ツルシロカネソウ
セントウソウ
コガネネコノメ

計画では西臼塚でお弁当を食べて解散の予定でしたが、朝食時に急きょ、西臼塚からさらに南に足を延ばして、富士市東田子の浦の浮島ヶ原自然公園を観察することが、いがりさんの賛同も得て決まっていたので、途中のコンビニでお弁当を調達してから、浮島ヶ原自然公園を訪れました。
メンバーの一人が富士自然観察の会の会員で、連絡をとってくれたので、会長さんたちが親切に園内を案内してくれるといったおもてなしを受けました。
サワトラノオがちょうど見頃で、ナヨナヨワスレナグサやノウルシなどを観察させていただき、充実した二日間の観察行を終えました。。
サワトラノオ
ナヨナヨワスレナグサ
ノウルシ

遠くから参加していただいた皆さん、お疲れさまでした。

カテゴリー: 写真, 動植物, 活動報告 | 写真家いがりさんと観察行二日目 はコメントを受け付けていません。

写真家いがりさんと観察行一日目

写真家いがりまさしさんを講師に招いて、スミレを初めとした花のワークショップと、写真の撮り方を教えていただく観察行を開催しました。

5月8日、河口浅間神社に集合して、まずは今回の観察行のオリエンテーションです。
観察会1

ゲンジスミレの咲く場所に車移動して、スミレ探しのワークショップです。
イブキスミレ、ヒナスミレ、エゾアオイスミレなどの花はすでに終わってしまっていましたが、かろうじてエイザンスミレ、ヒゴスミレ、それにアケボノスミレは花を残しているものもありました。
お目当てのゲンジスミレはまだ十分見られるものが見つかり、アカネスミレも傷み始めてはいましたが、新しいものもあって虫が訪れていました。
マルバスミレの花も残っていました。
ゲンジスミレ
アカネスミレ&昆虫
マルバスミレ

母ノ白滝近くの山桜植林地で昼食、天気が良ければ富士山展望地ですが、あいにくの曇り空です。
パワースポットにもなっている母ノ白滝近くでは、ナガバノスミレサイシンが見られましたが花は終わりかけで、葉が大きくなっていました。

西川新倉林道へと車移動して、母ノ白滝登山道を木無山へと登り上げ、山荘に向かいます。
登山道を上ってすぐのところも富士山展望地で、富士山はかくれてしまっていましたが、河口湖はよく見えていました。
そこにはアケボノスミレが咲いていました。
アケボノスミレ

登山道には、アケボノスミレのほかにエイザンスミレ、ヒゲネワチガイソウ、ミミガタテンナンショウ、それにコキンバイなどが咲いていました。
この辺りのタチツボスミレは距の白いものが多く、全体が白いシロバナタチツボスミレといえるようなものがありました。
標高が高くなるとマメザクラがまだ咲いていました。
エイザンスミレとヒゲネワチガイソウ
ミミガタテンナンショウ
コキンバイ
シロバナタチツボスミレ
マメザクラ

山荘近くのカラマツに、目の高さに雌花が咲いているのを見て、写真家としてのいがりさんの本領発揮を見せていただきました。
一眼レフをもっているメンバーの皆さんは、写真の撮り方の説明に聞き入っていました。
コンデジでもっぱら記録主体の小生にとっては、昨年の松毬と雌花の対比、それに雄花が垂れている構図に向かってパシャ。
カラマツの若葉と花

山荘に着いて荷物を預け、小休止してから屏風岩下へと向かいます。
お目当てはキバナノコマノツメです。
キバナノコマノツメ

ヒメスミレサイシンも残ってはいましたが終わりかけでしたので、山荘に戻ってから近くの生育地に行ってみると、そこにはまだきれいなヒメスミレサイシンが咲いていました。
撮影会は明朝の楽しみにして、夕食前の順番にお風呂に入って汗をながしてもらっている間に、今年出歩いた観察会で撮影した花を、パソコンからテレビ画面に映して観てもらいました。

夕食後にはいがりさんから、パワーポイントを使って、植物学的知見からスミレについてお話しをしていただき、その後、持参されたリコーダーの生演奏にのせて、生育環境ごとにまとめた日本のスミレの映像を見せていただきました。
観察会3
観察会4

いがりさんのお話しの後は、参加者どうしの懇親タイムです。
翌朝の富士山早朝撮影や下山後の観察行に支障のないようほどほどに・・・。
観察会5

カテゴリー: 写真, 動植物, 活動報告 | 2件のコメント