Fluoの使い方

Fluoの起動方法

Fluoを起動するには、以下の式を選択した後で、右クリックメニューでDo itを選びます。

Fluo new openInWorld.

画面の説明

画面の説明
画面の説明

サイドメニュー

  • new/新規グラフ — グラフを消去して、新しいグラフを作成します。
  • load/グラフを開く — 登録したグラフを開きます。
  • reload/再読み込み — グラフを編集前の状態に戻します。
  • save/グラフを登録 — グラフを登録します。
  • save as/名前をつけてグラフを登録 — 名前をつけてグラフを登録します。
  • browse/ブラウズする — SystemBrowserでグラフを開きます。
  • delete/グラフを削除 — 登録したグラフを削除して、新しいグラフを作成します。
  • screen shot/スクリーンショット — グラフのスクリーンショットをとり、PNGファイルとして保存します。
  • open all/全てオープン — 全てのノードをオープンします。
  • close all/全てクローズ — 全てのノードをクローズします。

ノードボタン

  • new proxy/新しいプロキシ — このボタンをドラッグすると、ドロップした場所で新しいプロキシ(Proxy)ノードを作ります。
  • new topic/新しいトピック — このボタンをドラッグすると、ドロップした場所で新しいトピック(Topic)ノードを作ります。
  • new behavior/新しいビヘイビア — このボタンをドラッグすると、ドロップした場所で新しいビヘイビア(Behavior)ノードを作ります。

グラフエリア

グラフエリアにノードを配置し、アークで結びつけることでグラフを作成します。

ノードの説明

Fluoのノード
Fluoのノード
  • ノードの種類 — 内側の形状がノードの種類を表します。□はプロキシ、△はトピック、○はビヘイビアです。
  • ノードの名前 — ノードのクラス名を表します。
  • 操作ボタン — ノードにより、操作を行うボタンがあります。
  • オープン/クローズ — ノードにより、オープンやクローズを行うボタンがあります。
  • パラメータ — ノードにより、設定するパラメータがあります。

ノードの中央付近をクリックすると、ノードのメニューが表示されます。ノードの外縁部をドラッグすると、アークが引き出されます。

アークの説明

Fluoのアーク
Fluoのアーク
  • 接続されたアーク — アークが接続されると矢印の向きに従ってデータが流れます。
  • ノードの外縁部 — データ送信元のノードの外側をドラッグしてアークを引き出します。
  • アークハンドル — アークハンドルをドラッグ&ドロップして他のノードに接続します。送信元のノードにドロップするとアークは削除されます

アークをクリックするとアークハンドルが表示されます。アークを右ボタンクリックするか長押しすると、アークのメニューが表示されます。
アークをノードに接続する際、接続できる場合はアークハンドルが青色に変化しますが、接続できない場合は赤色のままです。

基本的なFluoの使い方がわかったら、Fluo Coreチュートリアル1を試してみましょう。