Pharo 3.0 + Seaside 3.0 + jQuery Mobile for Seaside

ときどき宇宙に自分一人しかいないんじゃないかと思うことがある。
Pharoの話。
「いや、あの人もあの人も使っているはずじゃないか。俺一人じゃない」とあわてて思う。
ほんとかな。

Pharo 3.0にSeaside 3.0を載せるのは簡単だ。

MetacelloConfigurationBrowser open.

をDo itした後で、Seaside3をInstall Stable Versionすればいいのだから。

jQuery Mobile for Seasideを入れるのが問題だ。
サイトには、

Gofer it
  url: 'http://ss3.gemstone.com/ss/jQueryMobile';
  package: 'ConfigurationOfJQueryMobile';
  load.	
ConfigurationOfJQueryMobile loadBleedingEdge.

すればいい風に書いてあるがウソっぱちだ。というより、ウソになってしまった。

Gofer it
  url: 'http://ss3.gemstone.com/ss/jQueryMobile';
  package: 'ConfigurationOfJQueryMobile';
  load.

だけして、(ConfigurationOfはしないで)ConfigurationOfJQueryMobileクラスのbaselineを覗いてみればわかる。

なんだConfigurationOfSeaside30は!こんなもんインストールしようとするな!!二重にSeaside3.0を入れそうになるじゃないか。OmniBrowserとかインストールするなよ。
まあ、これはjQuery Mobile for Seasideよりも、Seaside 3.0側の問題か。

回避するにはbaselineからSeasideCoreとSeasideTestsに関する記述を全て除去してから、

ConfigurationOfJQueryMobile loadBleedingEdge.

すれば良い。

途中で2度ほどWarningが出るが、見なかったことにしてProceed。

なんとかインストールできる。
でも、jQueryのサイトを表示させると下の方にエラーが表示されてしまう。
これを回避するには、JQMHtmlRoot>>closeOn:の一部をコメントアウトする。

closeOn: aDocument
  "aDocument scriptGenerator
   close: self on: aDocument pageId: self pageId."
  self writeFootOn: aDocument

本当にこれでいいのだろうか。

SeasideでjQuery Mobileを使っているのは宇宙で俺一人なのだろうか。
(そういやiliad使ってたときも同じこと考えたな)