グラフ操作フレームワーク:Grafeo公開

Smalltalk

データを元にグラフを生成して、ぐりぐりとグラフを扱うにはRoassalという素晴らしいツールが既にある。一方で、小規模なグラフを作ったり操作したりできるツールの必要性もあって、ここ数年そういったソフトウェアの開発を行っていた。もとはFluoのグラフ操作部分だったのが、汎用的になるようにリファクタリングを重ねていったら、それなりに使えそうなものができたので公開することにした。

Grafeo

方向性としては、状態遷移図を作ったりするようなツールのフレームワークを目指しつつ、ちょっとしたグラフを描きたいといった場合に便利なツールとしても使えるようにしたい。
まだ公開していないが、このGrafeoをベースに既存のFluoを構築したり、umejavaさんのSState向けのUIを作ったりしているので、ぼちぼちと公開して行こうと思っている。