Windows 10 版のPharo で日本語のディレクトリ名を処理できない件

酔狂で面倒な VM のビルドをしたかった訳じゃない。Pharo を使って作成したアプリを展開するのに、表記のような問題があって困るので、VMの変更で対応したいと思ったから。

Pharo VM に関して困っているのは以下の2点である。

  • パスに日本語を含んでいるときにVMがイメージを認識してくれない。
  • 共有フォルダに格納したVMから起動できない。

どっちも「使わなきゃいいじゃない」レベルの話で個人ならいくらでも回避できるんだけど、アプリを展開したいと思っている先の環境なので致し方ない。

VM ソースを追っかけてみると、前者については以下が原因らしい。

  • VMの実行パスからイメージのパスを生成する際、UTF-8からUTF-16の変換をしている。
  • 素のWindows 10の場合、実行パスはShift-JISで表現されている。
  • なので正しく日本語を変換できずイメージファイルを見つけることができない。

後者についてはもっと根が深いみたい。→要追加調査

まずは前者に対応して見ようと思う。

(本日は休日出勤日なのでやる気なし)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください