グラフ操作フレームワーク:Grafeo公開

データを元にグラフを生成して、ぐりぐりとグラフを扱うにはRoassalという素晴らしいツールが既にある。一方で、小規模なグラフを作ったり操作したりできるツールの必要性もあって、ここ数年そういったソフトウェアの開発を行って […]

続きを読む →

はじめてのMorphicチュートリアル(第13回)「サブクラス化とキーイベントの処理」

クラスの機能を拡張するにはメソッドを追加していく必要があることを第5回の記事以降で学んできた。 既存のクラスの機能を維持しつつ、似たような新たな機能を持った異なるクラスを必要とする場合、第4回で学んだクラス定義によって新 […]

続きを読む →